一般書&ムック

誰が世界戦争を始めるのか

米中サイバー・ウォーと大国日本への期待と責任

日高義樹/著


発売日:2017年04月26日
ISBN:978-4-19-864398-0
判型/仕様:四六判
定価:本体1,500円+税

 内容紹介

トランプ大統領の登場は世界が大混乱の時代に入ろうとしている予兆に他ならない。米軍のシリア空爆、そこから再燃し始めた米露対立。トランプは次なる対象として北朝鮮の名を上げた。この大混乱で世界は第三次世界大戦というべき大規模戦争の時代に引き込まれる危機の只中だ。金正恩、プーチン、習近平、崩壊寸前のEU……各国が戦争の発火点に向けて動き出しているなか、期待と責任が集まる日本にできることは…。ワシントン発の最新分析、緊急刊行!

 著者プロフィール

日高義樹
1935年生まれ。東京大学英文学部卒業。59年にNHK入社。外信部、ニューヨーク、ワシントン支局長、米国総局長を歴任後、ハーバード大学客員教授に就任。現在はハドソン研究所首席研究員

 関連書籍